アンバサドール協会が主催するフランスで行われるパンの「世界一」を決める大会の一つ。「二人一組で若手(22歳以下)のアシスタントとのコンビで競う」「見た目のみではなく栄養面や健康面も評価の対象となる」など非常に特徴的で且つ実質的な大会。世界のパン技術向上と職人の交流を目的とした大会である。

日本 作業1

□モンディアル デュ パンの概要

【名称】
 モンディアル・デュ・パン/Mondial du Pain

【コンクールの目的】
 ・アルチザナル・ブーランジェリー向上(上達)の明示
 ・ガストロノミーの新アイデアを付与する
 ・パンの栄養価の情報提供
 ・若い職人たちを奮発させる 

【開催地】
 フランス

【課題】
 「世界のパン部門」
 「デニッシュペストリー部門」
 「サンドイッチ部門」
 「芸術的作品」


【ルール】
 コンクール前日に1時間、コンクール当日に8時間の準備時間が与えられ、
 その時間内に上記4種類の作品を作成する。
【第1回開催年】
 2007年

【チーム構成】
    各国代表は下記のチームメンバーにより構成される。
   1.世界大会開催時点で25歳以上で、代表国出身であり、5年以上の経験があるパン職人
     2.世界大会開催時点で22歳以下のアシスタント